ネイルオイルで日々保湿

じつは爪も保湿が大事!

スキンケアの基本は保湿…というのは、今や誰でも知っている常識ですよね。
じつは、爪も保湿がとても大事というのはご存知でしたか?
毎日のセルフケアで指先の保湿をちょっと気にかけるだけで、爪の美しさは格段に違ってきます。

たとえば、乾燥しやすい冬の水仕事の後などはハンドクリームでケアしている人もたくさんいるでしょう。
ハンドクリームが習慣になると、一度でも塗らないと驚くほどガサガサしてしまうこどが実感できるはずです。
皮膚と違って実感しにくいかもしれませんが、じつは爪もそのような乾燥にさらされているのです。

爪の保湿が気になったらネイルオイルを使用することをおすすめします。
少し前はハワイやグアムからのお土産で見るくらいでしたが、最近は取扱のあるドラッグストアもずいぶん増えました。
使い方はとても簡単で、気がついた時に爪の生え際に塗るだけで十分です。

一日のうちに何度使用しても害になるものではないので、目につく場所に置いておいて、気がついたら使ってみるのもよいでしょう。
携帯用にひとつ用意してバッグのなかに入れておくのもおすすめです。
お気に入りの香りのものなどを用意すれば、気分転換にもよさそうですね。

とっておきのネイルケア

そんなふうに毎日少しずつケアしていれば、爪のコンディションはそうは悪くはならないでしょう。
しかし、忙しい日々のなかでつい忘れてしまい、ちょっと残念な爪になってしまうこともあるかもしれません。
そんな時に、自宅でできるスペシャルケアを紹介したいと思います。

用意するものはワセリンと手袋。
ワセリンはだいたい薬局で入手できますし、手袋は100均のもので十分です。
タクシーの運転手さんがよくつけているような白い薄手のものがおすすめです。

お風呂から上がったら、就寝前にワセリンを指先にたっぷりと塗ります。
普段、ハンドクリームをつける時よりもかなりたくさんすりこむようにします。
「ちょっとベタベタかな?」と、感じるぐらいにしてください。

たっぷりとワセリンを塗ったら後は手袋をして寝るだけです!
翌日、手袋を外した時にビックリするぐらい爪がツヤツヤしているはずです。
爪だけではなく、指先の冷えも気になる人に、ぜひ試して欲しいスペシャルケアなのです。

Comments are closed.